#001 Alexander McQueen

『Homogenic』に収録されているシングル『Alarm Call』では、ビョークがジャングルの水辺に浮かぶいかだの上に寝そべってワニや蛇と戯れながら歌う様を描いたミュージックビデオの監督をマックイーンが務めた。


また、シングル『Who Is It』(2004年)のミュージックビデオでは、マックイーンがデザインした大量の鈴を付けたドレスを着たビョークが、ドレスの鈴やハンドベルを鳴らしながらアイスランドの広大な大地を踏みしめて歌っている。
有名ブランドのファッションショーとミュージシャンのライブパフォーマンスを融合させたチャリティ・イベント「Fashion Rocks」、その第1回公演(2003年)でマックイーンのファッションとビョークの音楽の競演が実現した。ステージ上のランウェイでマックイーンのショーが華やかに繰り広げられる中、顔面にクリスタルのマスクをつけたビョークがアルバム『Homogenic』に収録されている『Bachelorette』を熱唱するパフォーマンスは圧巻であった。

マックイーンの死後、2010年9月にロンドンのセント・ポール大聖堂で行われたマックイーンの追悼式典において、ビョークは自身もカバーしているジャズの名曲『Gloomy Sunday(暗い日曜日)』のパフォーマンスをマックイーンに捧げたが、身に纏っていた衣装はマックイーンの1999年春夏コレクション「No.13」で披露された木製の翼である。
そして同年12月にロンドンで開催された「British Fashion Awards 2010」で上映された、写真家ニック・ナイト(Nick Knight)製作のショートフィルム『To Lee, With Love, Nick』のために書き下ろした新曲を提供した。

スポンサーリンク
ad_336_280
ad_336_280
ad_336_280
ad_336_280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加