#001 cruyff in the bedroom 2/3

M:それを隠している方もいらっしゃる?

Y:でもね結局みんなまた上がった(リーゼントスタイルに戻す)んだけどね(笑)。

俺らはもう(髪が)下がりっぱなしだけど(笑)。

そのときにもうロカビリー・ファッションはやめてガラっとイメージを変えようってなって、ちょっとずつ事務所の力がはいることになったの。で、デビューの一番最初の衣装はほぼ全部事務所指定のスタイリストの持ち込み

M:これ着なさいっていう?

Y:ダサいなーと思ってたもん。これ着るのかい?って。あの当時音楽界でのファッションの傾向がちょっとミスチルを意識していたきれいめな衣装だったから。

それが嫌で嫌でライブの衣装は自分で フレッド・ペリー のポロシャツとか ロンズデール のTシャツを着てアピールしてた。 Or GloryReats Taylor ZAZOUS もこの頃好きになったブランド。

ジャケはあの写真だけど、俺はこっちじゃないぞと。デビューするとき、根が単純だからロカビリーをやめて、イギリスっぽい ビートバンド みたいな感じにしようって一気にシフトをガッと変えて。洋服もそっちの服ばっかり。ただフレッド・ペリーとかパンクの人も着るじゃん。その辺は流れがあったから。もちろん THE JAM も好きだったし。

サンノヘシゲカズ (S):さわやかな格好してた。

M:草原でー、みたいな。

Y:荒川の土手でー(笑)。

M:セーターとかですか?

Y:そう、タイト目なニット。でも俺の中でモードが60’sにチェンジしていたからここだけは絶対守ってやるって古着屋とかで探してこっそり衣装を変えたりしていた。靴も。ちゃんとロークのローファー履いてーとか。とにかく事務所が持ってくる服がダサかったんだよ。だから最初はメジャーってこういうことかって思っていた。

M:後半結構モッズ系になっていきますよね?

Y:あれはディレクター。担当ディレクターによって変わる。次に着いたディレクターが好きな格好してもいいよって結構権限を与えられたの。で、少し時間は遡るんだけど CUTiEおしゃれ選手権 てあったでしょ?あれ、結構バンドがいっぱい出てた。一番最初に出たの俺なんだよって当時のマネージャーが言ってたよ。

M:おしゃれ選手権!超有名。GLAYのJiroさんが当時載ってましたね。

Y:デビューの順番で言うと彼らは後になるから、俺はその前だね。

M:本当に先取りですね。

Y:そう。先取りだった。CUTiE 出たいってずっと言ってて。なぜなら身の回りの遊んでる子たちみんな CUTiE を読んでいて。

S:CRIPTONはデビュー前に CUTiE に出てたよ。俺が加入する前。

Y:知ってる。それ見てた。俺は、CUTiE の取材が入ったって言われて「やったー!」って。で、行ったらおしゃれ選手権だった(笑)。

M:インタビューではなくて。

Y:読モみたいな。

思いっきりモッズファッションで行ったら当時、そういう感じのファッションが盛り上がりつつあったから。記事は小さかったけどライブのお客さんはめっちゃ増えたんだよね。

M:それを見て、チェックしてライブに来るんですねー

Y:アマチュアのラストライブが当時の渋谷のON AIR WESTだったの。その告知をしたらものすごい人が増えた。

M:敏感な反応ですね。当時WEBはないですもんね。

Y:だよねー。(当時の情報源は) CUTiEOlive くらいだったでしょう?

M:あとはZipperは CUTiE から派生してるのかな、Smartとかはその後ですよね。女の子のほうが情報に敏感だったりするかも。

Y:みんな 岡崎京子 さん好きでしょう?(笑)。俺も大好きだけど。CUTiE は大好きで連載も載ってたし買ってた

M:まさか CUTiE の話が出てくるとは!ところでユウスケさんはモード系には寄らなかったですよね。

Y:モードが全然わからなかった。当時お客さんから ヴィヴィアン・ウェストウッド とか ジャン=ポール・ゴルチェ のアイテムとかいただくと、どうすればいいかわからなかったけれど、先輩のパンクバンドで クラック・ザ・マリアン って全身ヴィヴィアンのお洒落でかっこいいバンドがいてね、 (モード系も含め)ファッションもその他の事も色々な影響を受けた。結局、音楽からだったけどね。ファッションは全部。

2_cruyff_yusuke

※ユウスケさんの靴:Dr.Martens 好きなヒョウ柄がオトナカッコイイ(カワイイ)

スポンサーリンク
ad_336_280
ad_336_280
ad_336_280
ad_336_280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加