#002 藤井隆 ミュージシャン藤井隆のキャリアが分かるベストアルバムをリリース

■このタイミングでベストアルバムを出す理由
Mucre編集部(以下M):SLENDERIE RECORD 」は9月18日で設立1周年だそうですね、おめでとうございます!

藤井隆(以下F):そうなんですー、ありがとうございます。うれしいです。

M:編集部も昔「ナンダカンダ」を楽しく聴いていましたし、また音楽活動を再開していただきたいなと思っていました。ご自身のレーベルを立ち上げられて、ファンも喜んでいると思います。6月にアルバム「COFFEE BAR COWBOY」をリリースされましたが、ツアーも積極的に回られましたよね?

F:30公演超えましたね-、本当に楽しかったです。

M:北海道の翌日には沖縄に行かれたり。

F:そうなんです、 DJミッシェル・ソーリー さんが知恵と人脈を使ってくださって。本当に大きな所から小さな所まで手配してくれて、どの会場も完璧でした。

M:お客さんが盛り上がって。

F:自分が盛り上がった。上手く言えないんですけど、昔の曲を口ずさんでくれる方がこんなにいることがとてもありがたくて、心強かった。
ベストを尽くせば来てくれるんだということが分かってうれしかったです。

M:アルバムをリリースして、ツアーも終わって、本来なら一段落かと思うのですが、なぜこのタイミングでベストアルバムをリリースするのでしょうか?

F:アルバムのリリース前からツアーは始まっていて。CDをお届けもしていないのに新曲を演るのは(お客さんが)苦痛じゃないのかと思っていた中で「ナンダカンダ」で盛り上がってくれて。「ナンダカンダ」はとても頼りになる曲だなあと思ったんです。
やっとアルバムのリリース日が来て、最初のライブが北海道だったんですけど、当時のマネージャーと持ち込んだ100枚のCDをこう…CDの段ボールを気づけば赤ちゃんのように抱っこしてて。「100つ子ちゃんですね」なんて言いながら。

M:子供のように愛おしかったのですね。

T:その日の公演終わりに物販エリアにいたら、もう聴いてくれている方がいたり、昔の音やビデオを見てくださったりした方が声をかけてくださってすごくありがたいなあと。
そんなことがあってツアー中に 西寺郷太 さん( NONA REEVES )が「セレクトアルバム」を作ったらいいんじゃないのって言ってくださったんです。
勉強不足ですけれど、自分で作ってきたものがこれからの「藤井隆」になる、再始動をきっかけに興味を持ってくれた人に「この1枚どうですか?」というものを出そうかと思ったんです。

<ベストアルバムの選曲について>
M:
初のベストアルバムはデビューから15年分が詰まっていると思うのですが、曲順は…

F:リリース順ですね。

M:選曲のこだわりはありましたか?

F:最初は「セレクトアルバム」で、 DJミッシェル・ソーリー さん、 西寺郷太 さん、 宇多丸 さん、 吉田豪 さん達、今まで支えてくださった方々に選曲していただくのがいいかなと思っていたのですが、ある日西寺さんと打ち合わせをした時に、郷太さんが選んだ曲に対して僕ならこうかな?と盛り上がってしまって。結局2人で選曲したんです。
「ベストアルバム」なんて言い方はとても照れくさくて、「セレクトアルバム」のつもりでいたのですけれど、自分も選んだのだから自信を持って「ベストアルバム」にしようと思いました。
002_Fujii

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です