#002 藤井隆 ミュージシャン藤井隆のキャリアが分かるベストアルバムをリリース

<ファッションの面で影響を受けたミュージシャン・今、好きな服>
M:藤井さんがファッション面で影響を受けたミュージシャンはいらっしゃいますか?

F:高校生の時に ジョディ・ワトリー さんのライブに行ったんですけど、ツアーパンフレットで彼女がベルトをしていて。このベルトは何だろうと思って。すごい引きの写真で。
バックルは普通のバックルじゃないと思ったんです。で、ずーっと見てたら、たぶん飛行機かなんかのシートベルトだということが分かったんですよ。
で、うちの近所に車のパーツみたいのがガーッと落ちてるところで見つけたんですよ。で、真似しました(笑)。

M:もし、今日来てらっしゃる服のブランドが分かれば教えてください。スタイリストさんはいらっしゃいますか。

F:えっとねー、ぜんぜんわからない。スタイリストさんはいますね。

M:お好きなファッション・ブランドはありますか?

F: N.HOOLYWOOD とか。あとね、今回のアルバムジャケットのタクシードライバーの帽子とベストに付いているワッペンは、僕が長年お世話になっている方が作っているブランド「4WN(4 Weeks Now)」のものなんです。
彼女がブランドを立ち上げた最初の頃、ポーチを作っていて、ジッパーがダイナミックな縫い方をしていて、これたぶん、縫い方違うよねっていう話になって。うち、母が洋裁をするんですけども、僕が母に相談したら母が「うちに来たらいいやん」て。

M:お母さま直伝!

F:そう、まだブランドが小規模の時ね。で、母と一緒にそのポーチ何個か縫いっこしたりとか。立ち上げから知っているので。もう17年位一緒に仕事をしている方なので、彼女がブランドを立ち上げたときはすごくうれしかったなあ。ここのTシャツもすごく好きなんですよ。

M:かわいいですよね。以前「きょうの料理」で着ていらしたトラのTシャツもそうですか?

F:そうです!トラとウサギが相撲を取っているの。あのTシャツお気に入りなんです。
002_saku4

<インタビューを終えて>
年代に沿って、自らの音楽活動の変遷とベストアルバム紹介をしてくださった藤井さん。
歴代の作家陣は、 松本隆 ・筒美京平をはじめとする大御所ぞろい。このベストアルバムがマスターピースであるのも頷ける。この1枚で15年のキャリアを曲順を追って振り返ることができるのは、大変にお得だと感じた。ぜひDVD付きをセレクトしたいところ。
「ナンダカンダ」を聴いてきた世代にも、「ディスコの神様」で知った若い世代にも新たな名盤となることだろう。

今回のインタビューで、藤井さんの言葉の端々から、自分の音楽活動再開を応援してくれた方々やファンに対しての感謝の気持ちが本当に強く伝わってきた。そして何よりご自身が音楽を愛してやまないことも。

その道のスペシャリストたちが放ってはおけない音楽的センスの持ち主であり、その才能は今後も発揮されていくことだろう。
いつか「SLENDERIE RECORD」プレゼンツのフェスなども開催してほしいと願ってやまない。

そして、ジャケットやPVなどにも彼ならではの物語が展開されているのがとても印象に残った。役者としての経験が生かされているのだろうか。静止画であってもストーリーが潜んでいるのが大変興味深い。
デザイナーでありクリエイターでもあるその視点で、セルフ・プロデュースされる作品や活動にも目が離せない。

さらに、11月にはベストアルバムのリリースツアーも予定されているとのこと。最新曲や歴代の名曲を、熱気に包まれたステージで歌い踊る藤井さんを見る日が今から待ち遠しい。

藤井さんオフィシャルサイト・SNS
YOSHIMOTO R&C
SLENDERIE RECORD
藤井隆Twitter 
Blog<藤井隆のヤングプラザ911>

DJ ミッシェル・ソーリーさんBlog <モウシワケブログ>

4WN (4Weeks Now)サイト 

スポンサーリンク
ad_336_280
ad_336_280
ad_336_280
ad_336_280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加